"毎日の服は
仕事の集中力を高める
大切なツール。"

おしゃれ好き、というほどでもないんですが、服は大切な仕事のツールだと思っています。着ていてどうも動きにくかったり、何か気になるところがあったりすると、集中力も途切れて仕事のパフォーマンスにも影響してしまいますよね。だから服は僕にとって大切な仕事のツール。何も気にせず快適に動けるか、どこにもストレスがかからないか、着ていて疲れないか。服に求める条件はまずこれが一番。その上でデザインは自分好みか、納得できる価格かを見て決める感じです。仕事柄色んな服に触れる機会がありますが、実はこの条件を満たす服って以外に少ないんです。そんな中BlocksTOKYOの服は僕の求める条件にぴったり。動きやすくて仕事にも休日にも着られる服として、かなり愛用しています!

"「もうこれなしでは生きられない!」
偏愛アイテムはストレッチパンツ。"

仕事柄服装に関しては自由な環境なので、今の仕事着はもっぱらストレッチアイテムでそろえています。特にパンツはもうストレッチなしには戻れない!(笑)靴が好きなので毎日のコーディネートも足もとから決めていくんですが、それに合う色んなストレッチパンツをそろえるようにしています。たとえばきれいめのレザーシューズに合わせられるもの、スニーカーなどカジュアル着に合わせられるもの、そしてもちろん息子と公園遊びをするときに思い切り走れるものも。

"仕事を忘れ、自分に戻る時間。
「かぞくライフ」を思い切り楽しみたい。"

ウィークデーはかなり仕事が忙しいので、息子とのふれあいは休日にたっぷりとるようにしています。公園や水族館、アミューズメントパークなど毎週末かなりアクティブに動いています(笑)独身の時は自分の趣味に休日を費やすことが多かったのですが、家族を持ってからは「この瞬間の息子とは今しか会えない」、そんな気持ちで休日は1分でも長く家族で過ごしたいと思うようになりましたね。早く息子が大きくなって、自分の趣味でもあるアウトドアや釣りなんかに一緒に行けるようになるといいなっていうのが夢です。
▼大谷 直也氏の着用したアイテムはこちら

大谷 直也 (おおたに なおや)

1984年生まれ アパレル関連企業勤務。1歳になる息子と妻、そして釣りとアウトドアをこよなく愛する34歳。Blocksでは着用モデルも務め、イケメンぶりを発揮している。